当院について

施設基準

当院について

当院は急性期から終末期、小児から高齢者まで地域に根差した医療を提供しています。また訪問看護ステーションやヘルパーステーションなどと連携をとりながら在宅医療も行っています。

診療科目

内科・循環器内科・小児科

在宅療養支援診療所2(H29年7月1日)

鹿児島県医師会認定かかりつけ医(H27年4月1日)

全国がん登録における診療所として指定を受けました。(H28年1月1日)

  日医かかりつけ医機能研修制度終了(H30年4月1日)

施設基準届出状況(H30.4.1現在)

  • 在宅療養支援診療所2
  • ニコチン依存症管理料
  • 在宅時医学総合管理料又は施設入居時等医学総合管理料
  • 在宅がん医療総合管理料
  • がん治療連携指導料
  • 機能強化加算
一般病床(11床)
  • 有床診療所入院基本料1(看護職員7人以上)
  • 有床診療所看護配置加算1(看護職員の数が看護師3を含む10以上)
  • 夜間緊急体制確保加算
  • 夜間看護職員配置加算1(看護要員が看護職員1人以上を含む2人以上)
  • 看護補助配置加算1(看護補助者の数が2以上)
  • 栄養管理実施加算
  • 有床診療所一般病床初期加算
  • 看取り加算
  • 退院支援加算2
  • 有床診療所緩和ケア診療加算
  • 患者の状態に応じた有床診療所入院基本料
療養病床(8床)
  • 有床診療所療養病床入院基本料1
  • 診療所療養病床環境加算
  • 褥瘡評価実施加算(有床診療所)
  • 栄養管理実施加算
  • 救急・在宅等支援療養病床初期加算
  • 看取り加算
  • 退院支援加算2
  • 患者の状態に応じた有床診療所入院基本料

「緩和ケアサポートチーム」についてのお知らせ

当院では、がん診療に携わる医師として、「緩和ケア研修」を受講した医師(院長)を配置し、その医師を中心として緩和ケアに対する基礎的知識の習得を目的とした研修を受講した看護師を含む「緩和ケアサポートチーム」を設置して、身体や心の痛みを少しでも軽くするためのお手伝いをさせていただきます。いつでもご相談ください。

訪問看護部

訪問看護とは・・・

看護師などがお住まいを訪問し、療養生活を送っている方の看護を行うサービスです。

本人や家族の意思、ライフスタイルを尊重して、QOL(生活の質)が向上できるように予防的支援から看取りまでを支えます。

本人のみならず、家族の健康状態もチェックし、ひとりひとりの健康課題を早期にみいだし、医師と連携して病気の発症や重度化を防止します。

訪問看護を利用できるのはどんな人?

病気や障害の為に療養生活の支援を必要とする方。

乳幼児から高齢者まで主治医が訪問看護を必要と認めたすべての方が受けられます。

医療保険制度で訪問看護を利用する場合は疾病または負傷の為に在宅療養が必要な方。

介護保険制度の場合は要介護・要支援の認定を受けた方、その他公的扶助や労災保険などでも利用できます。

訪問看護は誰が来てくれるの?

訪問看護ステーションから看護職員として在籍している、専門の看護師などがご家庭を訪問し、病状や療養生活を看護の専門家の目で見守り、適切な判断に基づいたケアとアドバイスで、24時間365日対応し、在宅での療養生活が送れるよう支援します。

主な訪問看護サービス時間は?

訪問看護 時間.png

 

訪問看護 サービス提供.png

 

訪問看護料金1.png

 

訪問看護料金2.png