当院について

医療法人春成会 行動計画(第3回)


職員が仕事と家庭を両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、すべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

  • 計画期間:平成29年4月1日から平成32年3月31日
  • 内容

目標1:育児休業制度をはじめ、当法人両立支援制度を周知する。 指針1-(1)-シ

【対策】平成29年4月~

  1. 両立支援制度や運用について職員研修や社内掲示板により情報提供を実施する。
  2. 対象者及び所属長に個別に説明会を実施する。
  3. 現在使用している資料を再度見直し、簡明な資料作りを行う。

目標2:お子様が生まれる男性職員が出産後に取得できる特別休暇(3日間以内)の取得率を90%以上にする。 指針1-(1)-イ

【対策】平成29年4月~

  1. 特別休暇制度を周知する。
  2. 対象者及び所属長に個別に説明会を実施する。

目標3:年次有給休暇の取得日数を一人あたり平均年間7日以上とする。 指針1-(2)-イ

【対策】平成29年4月~

  1. 年次有給休暇制度を周知する。
  2. 管理者を対象とした説明会の実施

目標4:職場体験や職場実習、慰問等を利用した若年者の就業体験機会及び職業職種紹介機会の提供を実施する。  指針2-(5)

【対策】平成29年4月~

  1. 学校等の関係機関と打合せを実施し、提供計画を作成する。

目標5:育児休業や職場復帰をしやすい職場環境の整備をする。 指針1-(1)-エ-(イ)

【対策】平成29年4月~

  1. 対象者に個別に説明会を実施する。
  2. 『育児休業取扱説明書』を用いて説明する。

目標6:子育てを行っている職員(子の年齢制限なし)が働きやすい職場環境を整備する。 指針1-(1)-カ-(ア)(イ)(エ)指針2-その他

【対策】平成29年4月~

  1. 対象者及び所属長に個別に説明会を実施する。
  2. 所定時間外労働の制限又は削減を実施する。
  3. 短時間勤務を実施する。
  4. 始業終業時刻の繰上げ繰り下げを実施する。
  5. 会議・行事にお子様と同席参加を実施する。