入院のご案内

  • HOME
  • > 入院のご案内

入院のご案内


病棟案内

  • 一般病床(11床)
  • 療養病床(8床)
    DSC_2080.JPG

看護体制

  • 夜間緊急体制確保:有
  • 夜間看護配置加算1(看護職員1人を含む看護要員2人以上)

入院手続きについて

医師の診察の結果、入院が必要と認められた場合、入院手続きをしていただきます。

手続きに必要なもの
  • 健康保険証または後期高齢者医療の受給者証
  • 印鑑 (保護者、連帯保証人の印鑑も必要になります)
  • 後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証

入院生活について入院案内.pdf

日用品は最小限度につとめ、持ち物には必ずお名前をつけるようにお願いします。

入院時用意していただくもの
  • 保険証・介護保険証
  • ご印鑑
  • 現在服用中のお薬
  • 肌着
  • パンツ
  • 上着
  • ズボン
  • カーディガン
  • 寝衣
  • 靴下(すべり難いもの)
  • 上履き(なるべくシューズを)
  • タオル
  • バスタオル
  • 電気カミソリ(自宅にお持ちの方)
  • 洗面用コップ
  • 蓋付バケツ中(洗濯物入れ)
  • 入浴セット(洗面器・シャンプー・石鹸・手提げ袋)
  • ゴミ箱
  • 歯ブラシ
  • 食事用コップ
  • 義歯・義歯入れ(使用している方)
  • くし
  • 楽のみ
  • 補聴器
  • 食事用エプロン
  • ティッシュ
  • ぬれティッシュ
  • 車イス(必要な方で自宅にある方)
  • ポータブルトイレ(必要な方で自宅にある方) など

食事

 

tanabata.jpgtanjoui.jpg

食事は適時適温にて提供しております。また、季節の食材をふんだんに使い、行事食などをお出しして患者様においしく召し上がっていただけるような工夫を行っております。

面会

面会時間は午前10時から午後8時までとなっております。主治医と面談を希望される方、また面会時間が時間外になる方は事前に職員にお知らせください。

医療費等助成制度のご案内

高額療養費制度

限度額適用認定証(市民税非課税世帯の方は「限度額適用・標準負担額認定証」)を提示することにより、自己負担限度額まで支払えばよい制度です。

重度心身障害者等医療費助成

重度障害者が、各種健康保険法による医療を受ける場合、その自己負担額を助成する制度です。以下の方が対象となります。

  • 身体障害者手帳1〜2級をお持ちの方
  • 療育手帳A1・A2をお持ちの方
  • 身体障害者3級で療育手帳B1をお持ちの方
紙おむつ代等の助成

おむつを使用している65歳以上の高齢者のいる市県民税非課税世帯の人で、入院中の方へ月額4,000円を限度とする購入費を助成する制度です。